キャッシングは即日対応が便利。

ガス給湯器が故障してしまい使えなくなってしまい、入浴しようと思って浴槽にお湯をはろうとリモコンのボタンを押したら、異音が発生して、お湯が出てこなくなったのです。
何度か試したのですが、ダメ。
このため、その日は入浴しないで我慢したのですが、早急にガス給湯器を交換しないと入浴できません。

スマートフォンでガス給湯器の交換業者を探して、交換工事を依頼しました。
工事そのものは数時間で済むそうですが、費用が8万円とのことでした。土曜日に工事をしてもらいお金を支払うことになったのですが、給料日の数日前の状態でお金がほとんど手元にない状況でした。

業者の方によると、クレジットカードは使えないとのことで、そのため、金融機関からお金を借りる必要に迫られました。
すぐにお金を借りられる金融機関といえば、消費者金融です。
すぐにお金を融資してくれる消費者金融を探したところ、アイフルが即日融資または翌日に融資をしてくれそうでした。

アイフルにキャッシングの借り入れを申し込んで、受付メールを受け取ったあと、すぐにアイフルのフリーダイヤルに電話しました。
すると優先的に審査をおこなってくれるとのことで、職場で仕事をしながら審査結果を待っていました。
数時間後には審査を通過した旨のメールを受け取ることができました。

私は、ただちに10万円の借り入れを申し込み、翌日に私が指定した銀行口座に入金してもらうことができました。
おかげで、土曜日のガス給湯器の交換工事を無事に済ませることができて、工事費用8万円を支払うことができました。
これも、アイフルのスピード融資のおかげです。

アイフルのキャッシングでは10万円を毎月返済という形で借りたのですが、毎月の返済額は4000円だったので、返済の負担感もまったくありませんでした。
そして、5カ月後にボーナスがでましたので一括して返済することができ、実質的な利息負担はかなり少額で済みました。

アイフルは株式を上場している大企業ということもあり、初めて消費者金融を利用する場合も、敷居の高さは感じないと思いますし、フリーダイヤルに電話をかけても、かなり丁寧な対応です。
なにより対応のスピーディーさは、急な出費で時間の猶予がないときに本当に助かります。

初めてのキャッシングの流れについて

キャッシングを利用する理由は様々だと思いますが、他人に相談できず一人で手続きするケースがほとんどだと思います。
そのような状況であれば、いくら最近は簡単になったとはいえ、特に初めてのキャッシングは不安ですよね。

自分も新生活を始めるにあたって一人暮らし必要になり、お金が足りず初めてキャッシングをした時はとても不安でした。その時の体験のご紹介をします。

利用したのは「アイフル」と言う大きな消費者金融です。
まずスマートフォンを使い、簡単に手早く即日で融資をして頂ける会社を調べました。

そうすると、アコムやレイク、プロミスなどの大手の消費者金融さんや銀行系列のカードローンが検索サイトに出てきました。
事前審査をインターネットで出来るとの情報を得ていたので、あらゆる所にインターネットでの事前審査を申し込みました。
しかし、ほとんどの所から不合格の通知がメールや電話で来てしまいました。

自分はキャッシングも無理かと半ば諦めていましたが、「アイフル」の審査は無事受かり、説明と本審査にアイフルの支店に行きました。
アイフルの支店は店員がおらず、その代わり、自動契約機コーナーの個室とATMコーナーがありました。
担当のスタッフさんから契約内容確認を電話で確認し、説明を聞きながら操作をして契約に備えて個人情報を登録しました。

審査に掛かる時間はあらかじめインターネット審査をしたおかげで短縮され、約一時間で契約に辿り着くことが出来ました。
店員の案内や説明も分かりやすくて、初めての利用の自分も安心してスムーズに契約をすることが出来ました。
返済金額や利息などの条件も説明に入っており、納得して契約をすることができました。
結果は希望通りの10万円の融資をしてもらうことが出来て、本当に有り難かったです。

自動契約機コーナーで発券されたアイフルのカードを使い、ATMコーナーから10万円を引き落とすことが出来たときは感動しました。
返済もアイフルと提携されている銀行などが利用でき、借りるだけじゃななくて返済も簡単でした。
無事計画的に給料から予算を考えて返済が出来たので助かりました。

大手の消費者金融は、対応がきちんととしているので良いと思います。
本当にアイフルを利用して良かったなと思っています。

カードローンの審査ではこうしたポイントを重視される

日本人の10人に1人の割合で利用しているカードローンはたくさんのメリットがあります。
「即日融資可能」とCMや広告で見掛けるだけ、あって審査から融資まで数十分程で全ての行程が終了します。

審査基準で重要になる借金の有無や会社に勤めて何年になるか、この人は信用出来る人なのかを見られます。
カードローンは担保不要の小口融資なので、申込者の信用力が最も大きな審査のポイントとなります。

審査は日本にいくつかある「信用情報機関」に申込者の今までのクレジットカードの使用暦やその他のローンの借り入れ・返済状況をチェックし、その上で自社の審査を行います。

支払わなくてはいけない料金が未納になっているのはマイナスポイントになると言われています。
特に最近多いのが、携帯を分割購入した時の料金未納だそうです。

携帯の分割購入するときにはローンを組んでいる感覚はありませんが、一括で料金を支払わない買い物はローンとなります。

この携帯料金を払い忘れたり、アプリやゲームで課金をし過ぎて払えなくなった人が増えてきているそうです。
当然、このローン契約に関する情報も信用情報に記載されているので、審査の対象となります。

また、今現在借金があるにも関わらず、審査を通りたいが為に借金0と、虚偽の情報で申し込みした場合もマイナスポイントになります。
会社側はすぐに調べる事が出来ますので嘘偽りはNGです。

店舗に出向かずインターネットから申し込みをした際は必要事項を金融会社に送信後、担当者から電話が掛かってきます。
これは本人確認のためです。

インターネットを通してだと人目を気にすることなくローンが組めるので便利です。ですが、審査をしてから本人確認の電話が入り審査結果が郵送で届くまで時間は掛かります。

早急に現金を手にしたいのであれば、ネットで申込んでむじんくんで有名になった「無人契約機」で必要書類の提出・受け取りをした方が最も短時間ですむのでお勧めです。

借りたお金にプラスされる金利や利息も期間内に返済出来るなら無利息で融資を受けられるところも増えてきました。給料日前に足りないお金を少しの間だけ借りたい、という方であれば日にちを逆算して申し込みをすると良いかもしれません。

銀行系と消費者金融のカードローンの違い

今や銀行を始め、信販会社や消費者金融でもカードローンのサービスを展開しています。

カードローンのメリットは、緊急時のまとまったお金が必要になったときに素早く対応してくれる点です。
また、特に決まった使途目的がなくても、契約した融資限度額内であれば何時でも借り入れができます。

通常銀行などで組むローンの場合は、○○ローンという使用目的が決められたものですが、カードローンは借りたお金は何に使っても構いません。それが例え生活費であろうが、パチンコや競馬などギャンブルであろうが構わないということです。

もし、急な借り入れが必要でない場合は、銀行カードローンを利用すると様々な利便性があり、非常にお得です。銀行の場合はローン審査は少々厳しいですが、金利も安定して低く設定されており、最大融資額も500万円位と大きいです。

これが消費者金融や信販系の場合は、総量規制の対象の融資となるので、年収の3分の1までしか借り入れができません。また、審査はカードローン未経験者にも通りやすいと評判はありますが、その代わり金利が割高というデメリットがあります。

最近は、主婦やフリーターでも毎月の一定収入があれば、大手の銀行カードローンを利用できる所があります。例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなら銀行口座がなくても申し込め、借り入れが100万円以内の場合は収入証明書も提出する必要がありません。また手数料なしで、提携銀行や大手コンビニATMから返済できるのも魅力です。

このように、もしカードローンを1枚作りたい場合は、毎月の返済額や金利を安く抑えることができる銀行を選択するのがお勧めです。

急いでお金を工面しないといけない場合には、少々金利が高くても融資のスピードの速い消費者金融を選ぶなど、その時々の自分の状況によってカードローンを使い分けるのが賢い利用の仕方です。

身近なところでできるキャッシング

キャッシングというと、アコム、プロミスなどの会社が思い浮かびますが、実はそんな会社ではなく身近な場所でもキャッシングできるのです。

キャッシングは、自分が契約している銀行でもキャッシング機能付のカードに変えれば、キャッシングできますし、学生でも持てるビューカードなどでも額は少ないかもしれませんが、キャッシングができます。

審査などももちろんあるので、お仕事をされてない無職の方は収入も無いので難しいと思いますが、安定した収入のある方だと、年収、会社の信頼度にもよりますが、総合的な審査を経てキャッシングできる額は変わります。

私はビューカードを持っていますが、ビューカードでは、学生でもアルバイトをしていればお金を借りれます。もちろん額は5万~10万と少ないですが、とても助かります。

返すときは、給料が入ってからすぐに返せば手数料も利息もそんなにかからないです。更に、借りて・返してを繰り返し、信頼を得れば額は増えるかもしれません。業界用語ではクレジットヒストリーというらしいです。まったく今までの実績がない人と、利用実績がある人だと、その信頼度が違うので、他社で借りるときにも有利に働くそうです。

キャッシングはしっかり計画的に借りて返済すれば、カード会社から信用されます。そうするとカードの限度額がランクアップしたり、借りやすくなります。

キャッシングはちょっと怖いし、色々大変なのでは?と思っている方は多いと思いますが、一度その仕組みを知り、自分の返済能力を超える額を借りなければ、ハマることはなく家計を助けられます。

身近な人よりも気分的にもカードローンの方が借り易い

皆さんはカードローンを利用したいと思われた事はありますか?
恐らく多くの大人は、そんなの絶対ダメ!危険だし、利息は高いし、いいことない!と思いますよね。

お金を借りることに対して、特に日本人はいいイメージは全くないと言っても過言ではないかもしれませんね。

そんな私も、どんなにお金に困ってもキャッシングサービスを利用するつもりは全くありませんでした。

ですが、最近になってその考えが変わったんですよね。
それはなぜかというと、今は昔とは違ってインターネット上で簡単に借り入れから返済までできてしまう世の中になったからです。
とっても便利なインターネット社会。利用できるものはどんどん利用したいものです。

カードローンのキャッシングというといいイメージがないので、絶対に友達には知られたくありません。それに私は田舎暮らし。キャッシングイコール、借金なんてイメージがありすぎて借り入れしていることなんて言えません。

知られたら田舎中の笑われ者になってしまいますし、特に親にバレたら本当に大事なってしまいます。でもキャッシングだとそんな田舎暮らしの私でも、ATMでお金を引き出すのと同じ感覚ですし、誰にも知られずにお金を借りれます。

お金のピンチとは誰にでも急にやってきます。かくいう私もそうでした。
でもいい年の大人になって、人からお金を借りるのって現実的に難しいですよね。たとえ気心知れた友達や親とはいえ、金の切れ目が縁の切れ目ともよく言われます。

「申し訳ないけど、お金を貸して欲しい!」なんて、仲の良い人だからこそ言い難いことです。

でもカードローンのようなものだったら、仲の良い人にお金貸して!と頼む必要もありません。立派なビジネスとして成り立っているので、堂々と利用すればいいんです。

といっても、私はネットで完結できるサービスしか使いませんけど(笑)

これから先もお金に困った時はキャッシングサービスを利用しようと思います。私のように誰にも知られずにキャッシングしたい人にはぜひオススメです。ただし、簡単に借りられるお金は自分のお金と勘違いし易いので、そこだけはお間違いなきよう・・・