どうしても卒業旅行へ行きたくてキャッシング

沖縄の赤い花あまり裕福ではない家庭に生まれ、高校は必死に勉強して公立に入りました。
私は絵を描く事が好きだったので高校卒業後は東京へ出て、美術の専門学校へ通いたかったのです。
しかし高校3年間バイトして貯金出来たのはたった150万で、それだけでは東京へ引っ越して家を借りて、専門学校の1年分の学費を支払えば無くなります。

仕送りをしてもらう余裕が実家にはないので、専門学校へ通いながら暇を見つけてバイトをして、何とか生活費や学費を稼いでいました。
しかし生活は困難で、毎日お腹が空いて食べる物もあまり買えないので常に栄養失調気味でした。
そんな生活を1年続けて2年に上がった頃、仲良くなった専門学校のクラスメイト達と卒業旅行へ行く話が出てきました。

学校は2年制なのでもうすぐ就職先を決めねばならず、その前に仲の良いグループで旅行へ行こうとなったのです。
行き先は沖縄、2泊3日で飛行機や宿泊費を合わせて8万程かかります。
その頃の私は全く貯金がありませんでしたし、絵を描く道具を買うのがやっとでした。
でもここは行かないと後悔すると思い、断腸の思いでキャッシングすることにしたのです。

バイトをしていて月18万の収入があったからか、8万の借り入れ審査もあっさり通ってしまいました。
バイト先への在籍確認の電話はその時丁度私が勤務中だったので自分で出る事が出来て、周りにも親にも借金はバレずにすみました。

こんなにすぐにお金を借りられるんだと驚きつつも、これで皆と旅行に行けると思うと本当に嬉しかったです。
返済は月に6000円ずつ、最初は完済できるか不安でしたが、金利は低い方なので滞る事なく返済全て終えられました。

専門学校卒業後は無事に正社員として就職できたので、給与も増えた事で後の方の返済は月1万ずつ行った為、1年とちょっとで返し終わりました。
返済が長引けば長引く程利息もかかってしまうので、返せる時にしっかり返そうと思って頑張って働いたのが良かったと思います。

出来れば借金はしない方がいいですが、こうしてお金を借りた事で私にはとても楽しい想い出を作る事が出来ました。
あの時旅行へ行っていなければ、きっと今でもすごく後悔していたと思うのです。
バイトでも収入ちゃんとあるならば借りられるなんて、本当に安心しました。
こういったバイトでもちゃんと審査の通りやすいキャッシングは今では沢山あると思います。
もしも今後何かあった時は、またキャッシングで助けてもらうかもしれません。