限度額はできる限り増やさないこと

クレジットカード当時、飲み会やゴルフ等の接待が続き、参加しなければいけない会合等もありキャッシングをすることにしました。
最初は10万円の融資を受けることにしました。
無人契約機にて手続きを行い、会社や家族にばれずに借り入れができるので安心です。
私は最終的には家族にはばれてしまったのですが、きちんと返済をしていけば、ばれることなく借り入れは可能です。

借り入れの際は免許証等の身分の証明できるものと、金額によっては収入の証明書が必要になります。
最初は10万円からスタートしたのですが、一度借りてしまうと、後はコンビニATMでの借り入れも可能だし、コンビニから返済できるので、とても便利で使いやすかったです。
ですが、その利用のしやすさが災いし、少しづつ借金も膨らんできて、限度額の50万円までいってしまいました。

収入証明書を提出し100万円まで借り入れできるようになりました。
その際、会社に匿名で電話がかかってきて在籍確認を行いました。
その後も借り入れが続き、すぐに限度額の100万円までいきました。
直ぐに返せるから、少しと思って借りてきたのですが、逆に月の支払い分を払うのに借りて返しての繰り返しであっという間に限度額です。

借りやすい状況なので、意志を強く持ち必要最低限しか借りないようにしなければ、だんだん負債が膨らむだけなので、計画性を持って借りなければいけないと思いました。
最終的には催促の電話も携帯にかかってきて、出れずにいたら、家や職場にも匿名でかかってきて、催促状が届き電話をかけることにしました。
いくら出ずらい状況であっても、きちんと対応していくべきだったと思いました。
深く反省しています。