月別アーカイブ: 2015年1月

銀行系と消費者金融のカードローンの違い

今や銀行を始め、信販会社や消費者金融でもカードローンのサービスを展開しています。

カードローンのメリットは、緊急時のまとまったお金が必要になったときに素早く対応してくれる点です。
また、特に決まった使途目的がなくても、契約した融資限度額内であれば何時でも借り入れができます。

通常銀行などで組むローンの場合は、○○ローンという使用目的が決められたものですが、カードローンは借りたお金は何に使っても構いません。それが例え生活費であろうが、パチンコや競馬などギャンブルであろうが構わないということです。

もし、急な借り入れが必要でない場合は、銀行カードローンを利用すると様々な利便性があり、非常にお得です。銀行の場合はローン審査は少々厳しいですが、金利も安定して低く設定されており、最大融資額も500万円位と大きいです。

これが消費者金融や信販系の場合は、総量規制の対象の融資となるので、年収の3分の1までしか借り入れができません。また、審査はカードローン未経験者にも通りやすいと評判はありますが、その代わり金利が割高というデメリットがあります。

最近は、主婦やフリーターでも毎月の一定収入があれば、大手の銀行カードローンを利用できる所があります。例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなら銀行口座がなくても申し込め、借り入れが100万円以内の場合は収入証明書も提出する必要がありません。また手数料なしで、提携銀行や大手コンビニATMから返済できるのも魅力です。

このように、もしカードローンを1枚作りたい場合は、毎月の返済額や金利を安く抑えることができる銀行を選択するのがお勧めです。

急いでお金を工面しないといけない場合には、少々金利が高くても融資のスピードの速い消費者金融を選ぶなど、その時々の自分の状況によってカードローンを使い分けるのが賢い利用の仕方です。