月別アーカイブ: 2016年12月

カードローンを利用する時の金融機関選定

説明する女性何かの理由でカードローンを利用する際、ご自身の利用目的にあった金融機関を選ぶことが重要です。
今回は、実際にカードローンを利用する際にチェックするとよいポイントをお伝えします。

●バンク系orノンバンク系
まず、カードローンは運営する金融機関によってバンク系とノンバンク系に別れます。
バンク系は銀行、労金、信金が運営しているものです。
ノンバンク系は信販や消費者金融など、バンク系以外が運営しているものになります。
おすすめは、バンク系です。
ノンバンク系に比べて金利や借入可能額がノンバンク系に比べて高いことにあります。(総量規制対象外のため)
しかし、ノンバンク系に比べ審査が厳しいとも言われているため、あまり審査に自信の無い方はノンバンク系を利用するのもひとつの選択肢として考えましょう。

●金利は最大金利で比較
カードローンの金利は設定される限度額によって異なります。
設定額が高ければ適応金利は低くなり、逆に設定額が低い場合は金利が高くなります。
カードローンを利用する場合、ほとんどの方が一時的な資金調達目的として使われます。
そのため、設定額は低くなることでしょう。
そのため、必然的に金利は最大金利に近いところで設定されます。
よって、金利は最大金利を中心に比較検討しましょう。

●利便性
利便性には2種類あります。
ひとつめは初回の手続きの容易さです。
カードローンの即日利用は無人契約機若しくはインターネットや電話によるキャッシュイン(指定口座に直接振り込まれるサービス)が主流です。
利用をお急ぎの方はこの辺りもチェックしましょう。

ふたつめは、利用中の利便性で特に返済のしやすさです。
カードローンは約定返済日に約定返済額(毎月決まった金額)を指定口座から引き落としか振り込みを直接するいずれかで返済します。
しかし、金利は比較的高いので返せるのであれば繰り上げ返済をしたいと考えるのが一般的です。
しかし、この繰上返済ができなかったり、手数料がかかる場合などがあるのでこの辺りはチェックしましょう。最近では、ATMから自由に返済できるところが多いので念のため、確認しましょう。

このように、カードローンを利用する際は最低限これらを押さえましょう。

リボ払いは毎月ごとにボディーブロー!

ボクシングのグローブ以前、約12万のパソコンをカードで買ったのですが、支払方法が一括かリボ払いという支払方法しかなくその場は一括精算を選択。
しかし、12万の大きい買い物をしたプレッシャーなのか心にモヤモヤが常にあり、途中からリボ払いに変更しました。
最初の月は月々の支払が楽になったと喜んでいたのですが、月が経つにつれて、そのリボ払いが徐々にボディーブローのように効いてくるのです。

今月はこれだけしか使ってないからまだ余裕だろうと思っていても、その金額プラス、リボ払いの月々の金額をプラスするとなかなかの金額になってしまいます。
月ごとに少しずつ利子が減っていくのがリボ払いの特徴ではありますが、それでも痛手には変わりません。
このリボ払いさえなくなればどれだけ貯金が出来るのかと思うと、病んできます。
結構、ネット通販などで買い物をすると一括かリボ払いかという選択肢しかないサイトが増えているような気がします。
これはカード会社の策略なのでしょうが、非常に困ります。

よぽっど大きな買い物をしない限りは基本は一括精算の方が絶対いいと私は思っています。
リボ払い、カードローンにすると必ず後々に家計を圧迫します。
時々利子無料のキャンペーンをやっているカードローンを見かけるのですがこれはいいと思います。

去年くらいにギターを一本新調したのですが、お店のキャンペーンで無利子のキャンペーンをやってました。
大抵の人は普通の利子のあるカードローンで支払った場合、残りの金額が少なくなってきたら一気に返してしまいたくなると思います。
でも無利子キャンペーンの場合、逆に一気に返すとその月の家計を圧迫するだけです。
月々きちんと予定通り支払えばいいだけなので精神的にはあまり痛手はありませんでした。

しかしローンというのは非常に精神的に人を追い詰めるものです。
私は16歳でローンは経験しましたがそれ以来は基本的には一括で買うように心掛けています。

カードローンで大満足の結婚式を挙げられました!!

結婚式の様子私がキャッシングをするきっかけになったのは自身の結婚式でした。
夫婦合わせて貯金が約100万しかない状況で結婚式を挙げることになったのです。
でも自分のやりたい水準やレベルの結婚式は最低でも200万以上するもの。
どうしても妥協できず、元々メインバンクであったUFJにてバンクイックを利用して100万円借り入れすることになりました。

良かった点は審査が早く通ったことでお金への心配などストレスが少なかったこと、ATMですぐに下ろせてすごく簡単(簡単すぎて不安になるくらい)だったこと、カスタマーサポートセンターの対応がよかった(説明が丁寧でわかりやすかった)ことです。

その後、約2年で返済したのですが、そのあまりの手軽さから主婦になった現在でも生活費が足りなくなるたびに割と気軽に利用してしまっています。
昔よりも借金をしているという意識(罪悪感)を持たずに繰り返してしまうのは、お金が手に入るまでがあまりにあっけなく深く考える間もないそのスピーディーさにあるのかなと思います。
おかげで親や兄弟にも迷惑をかけることなく自己完結できるので少ない金額であればすぐに返せるし誰にも知られることなくやりくりができて大いに助かっています。

でもエスカレートしないように気を付ける日々です。
借りる・返すを少額でやる分にはむしろ生活をスムーズにしてくれる潤滑油的な存在です。
うまく付き合うことができればこんなに便利なものはないと思いますよ。

キャッシングをする際のポイント

どくろマークのパソコンキャッシングは基本的に完済するもの。
つまり収入と支出のバランスが大切です。
キャッシングで借りる額が多すぎると(収入を超える)結局借金まみれになり破産しなければならなくなります。

収入の額と支出の額を照らし合わせてみましょう。
収入は嘘の申告をすると後々まずいことになるので正直に申告する必要があります。
実際自分が嘘の報告をした際、審査に落ちました。

何回も嘘をつくとカード会社同士で提携しているブラックリストに載ってしまいます。
そうするとキャッシング自体ができなくなってしまうので注意が必要です。
銀行やキャッシング会社同士で常に監視していないと、犯罪者あるいは暴力団関係者に目をつけられてトラブルに巻き込まれることがあるので、やや神経質になっているようです。
特に暴力団関係者とトラブルを起こすと会社の信用に大きく響くので会社は必死になっているのですね。

もう一つ重要な点は審査日数です。
同じお金をもらえるのに審査に日数がかかるのは不公平ですよね。
それだったら即日融資してくれる最短のキャッシング会社を選ぶ方が便利です。

そしてキャッシングする際に一番重要なのは借りる人の心です。
目的もないのに借りようとすると大体電話のやりとりで分かってしまうので、ある程度の質疑応答シュミレーションをしておいた方が良いですね。
そして最後に重要なポイントはキャッシング会社の知名度です。