月別アーカイブ: 2017年1月

キャッシングでの自転車操業による苦い思い出

ATM以前引越しをする際に、フリーターのため収入が少なく、貯金が全くなかったので、頭金のためにまとめて30万円(満額)を借り入れたのがきっかけです。
まだ10代でキャッシングの怖さを知らず、のんびり返済していけば問題ないだろうと安易に考えていました。
それでも少しでも早く全額返金できるように、バイトの時間を増やして多めに返済はしていました。

そんな生活が半年くらい続いたある日、事件が起きました。
当時ルームシェアをしていた友達に夜逃げされてしまい、一人で住むには家賃が高すぎるため、再び引越しをせざるを得ない状況になってしまったのです。
最初に借りたお金の返済も終わっていないため当然引越費用はなく、返済済でまた借りることができるようになった金額を再び満額まで借り入れることになりました。

しかしそれだけでは足りず、別のカード会社のカードを作り、新たに10万円借り入れました。
それでも危機感はなく、むしろこの頃にはお金があまりにも簡単に手に入ることに安心感を感じてしまうようになり、借りたお金で遊ぶようになっていきました。

借りられなくなったらとりあえず入金してまた借りればいい、一社の返済ができなければもう一社から借りて返済すれば問題ないと考えるようになっていました。
今思えば完全に狂っていたと思います。

そんなときに、働いていた職場が急に閉店することになり、突然仕事を失いました。
仕事がなくてもまたお金を借りればいいと思いキャッシングをしにいくと、最初に借りた金額から全く減っておらず、どちらのカードも満額のままになっていました。
その場しのぎに、カードの限度額を上げてもらおうと思いカード会社に電話すると、もうこれ以上は返済の支払能力がないと思われますので、上げることはできませんと言われてしまいました。

急に押し付けられた「自分には支払能力がない」「もうキャッシングはできない」という現実に、この時初めて恐怖が湧き上がってきました。
そして自分のしていたことを激しく後悔しました。

目が覚めた私は慌てて次の職場を探し、必死に返済しました。
それまでは返して借りるの自転車操業をしていたので、明細もろくに見てもいなかったのですが、改めて確認すると入金したうちの半分が利息に消えてしまう状況になっていました。
返しても返しても減らない借金と、始めたばかりの慣れない仕事に、精神的に病んでいきました。

それでも返済日はやってくるので、体調がどんなに悪くても、返済日が怖くて仕事を休めない辛い日々が続きました。
この頃には友達にも見ただけでわかるくらい、精神的にやつれた顔になっていたそうです。
それでもいつかは借金がなくなる日が来ることを信じ、必死で働き続けて返済を続けました。
幸い仕事が軌道に乗り、安定した収入を得ることができるようになれたので、長い時間はかかりましたが、なんとか完済することができました。

最初にキャッシングをしてから完済するまでに、約10年もかかってしまいました。
趣味や恋人を作ることも、家族に会うことさえも、自分の借金を考えると恐怖と羞恥心でできませんでした。

20代という大事な時期を、お金のことばかり考えて過ごしてしまい、思い出すと今でも悲しい気持ちになります。
もう二度とあんなに辛くて怖い日々を過ごしたくありません。

嫁が勝手に作った俺名義のカードローン

負債の荷物を抱える男性自分はあまりキャッシングやカードローンを利用するのが好きじゃないので避けてきたのですが、自分が知らない間に自分名義で嫁にカードローンを組まれて、借金返済に追われたことがあります。
嫁は昔から買い物が好きで、その時も店員さんに勧められて調子に乗って購入していました。
それが結婚してからも治らず、注意をしてもなかなか改善されませんでした。

結婚をして最初のうちは嫁が家計を持っていたのですが、自分の給料はそんなに高くないのに買い物や外食が半端なく多く、すべてクレジットカードで払っていました。
翌月に請求がきた時には支払えず、電気代やガス代をクレジットカードの支払いにまわして、電気やガスを滞納するというのを繰り返しするので、これでは生活できないと思い、自分が家計を持つようになりました。

最初家計を見た時、ビックリしました。
クレジットカードの返済だけで給料の3分の1はぶっ飛んでいました。
これでは生活がままならないので、クレジットカードを解約させて使わせないようにしたのですが、次に嫁がしてきたのは、名義を俺にしてカードローンを組んできたのです。
今はインターネットで申し込みができるので、自分が知らない間に配偶者なら必要書類も揃えられるのでローンを組めてしまいます。

それがわかったのは、家を購入する時でした。
嫁が作ったクレジットカードの返済も終わらして、真っ白の状態のはずなのに住宅ローンが組めないのです。
なぜ組めないのか理由を聞くと、カードローンの残高があるのでということでした。
最初は誰かと間違えているのではないかと思いましたが、ピンときました。

家に帰って嫁を問い詰めると白状しました。
今は家の購入を諦め、カードローンの返済に毎月追われています。

支出の見直しを実施して毎月安定的に返済

スマートフォンカードローンやキャッシングの返済を滞りなく実施するために必要なことは、現状の収入から返済額を引いた額で生活することです。
ここで注意することは、突発的な出費があった際を考慮した、生活費の振り分けをしておくことです。
例えば急な出費があったときのための「特別費」を生活費の振り分けの中に入れ込んでおくなどです。

生活費の振り分けをした際、特別費・返済費を設けるのが困難な場合は、スマホ料金・光熱費等や保険などの、固定費の見直しを実施するといいと思います。

光熱費・保険の見直し等は手続きが面倒ですが光熱費は一度見直せば、ずっと安価な値段で電気・ガスを使用できますし、保険の見直しによって、保険料が下がるだけでなく保証も手厚くできる場合もあります。
無料相談のサービスなども多くあります。

また、携帯料金についても必要のないアプリ(最近使用していないのに毎月課金されるもの)を解約する・携帯プランの見直しをするなどもお勧めです。
一つ一つは少額ですが、たくさんの改善をすれば大きな節約になり、返済も滞りなく出来ると思います。

計画的にお金を使うようにすることで今までの自分の支出についていい機会になると思います。
ぜひ試してみていただきたいです。私も実際に支出の見直しをし、少しずつ改善していきました。