月別アーカイブ: 2017年3月

カードローン、キャッシングで延滞しないために

借金で困る男性カードローン、キャッシングで延滞せずに完済するために事前に考えておくべきことは色々あります。
まず一つ目に返済計画を考え決めておく事が大事だと考えます。
銀行などのローンであれば何月何日にいくら返済といった返済スケジュールのようなものが送られてきますが、カードローンやキャッシングはリボルビング返済方式が多いため、自分で返済スケジュールを立てないと後で大変な事態に陥ります。
なかなか、借金が減らずに長期間支払いが続くようになります。

二つ目には返済計画を立てた金額分は、必ずお金を確保する仕組みを作る事だと思います。
毎月、返済するお金は当然消えていくお金なので給料から差し引いた金額で生活しなければなりません。
それでも、少しくらいはまた借入してもという考えも陥りがちですが、それではずるずる返済期間が増えていくだけです。
給料が支給されてからすぐに返済し、残りの金額で生活する計画を立てる等の仕組みを考える事が大事です。

後は、自分の中で返済日を決める等や次月の予定を前もって計画しておく等を事前に検討し、実施する事が大事だと考えます。
そうする事で自制心を働かせるようにしないと自分のお金と借金とが混同し段々、金銭感覚が麻痺して考えられない状態になり返済が滞るようになると思います。

家を購入・リフォームした際のキャッシング体験

一戸建ての家31歳・会社員・男性です。私は3年ほど前に中古住宅を買ってリフォームをしましたが、その際にお金に困ってお金を借りました。
当時我が家の貯金は100万円ほどでした。
会社の社宅に住んでいましたが、どうしても一戸建てが欲しいと思い、お手頃価格の中古住宅を買うことにし、現在の我が家と出会いました。

築35年の年季の入った家で、家族で住むには台所・風呂場・屋根等のリフォームが必要な状況でしたので、近所の銀行で住宅+リフォームのローンを組みました。
ローンを組んだ際にリフォームの価格がはっきりしない部分が多く、やってみないと分からないとのことで、少し余裕を持った金額でローンを申請しました。
しかし実際にリフォームがスタートすると、古い家で補修が必要な個所が思ったより多く、また妻の要望で直してほしい部分が増えてリフォーム費用が膨らみ、ついにはローンで賄えない金額となってしまいました。

さらに新生活のスタートということで家財道具を新しくし、車も軽自動車を1台購入し、家計は大赤字でリフォーム費用が150万円ほど支払いできない状況となりました。
夫婦でどうすべきか話合い、銀行のローンを増額してもらうことにしようとなりましたが、一度ローンを申請した後ですでに遅く、キャッシングをすることにしました。
インターネットで金利がそれほど高くなく、安心して借金できそうな金融機関を探したところ、たまたま銀行口座を持っていた三菱東京UFJ銀行のバンクイックというキャッシング方法があることが分かり、申し込んでみることにしました。

審査に時間がかからず、すぐに借りられそうでしたので、まずは電話をして申し込みをしました。電話口で生年月日、職業、勤め先、当時の年収などを聞かれ、その後実際に最寄りの三菱東京UFJ銀行へ行き、テレビ電話窓口で申し込みをしました。
私は幸い、比較的規模の大きな会社に勤めていることもあり、審査は2日で終わり、上限金額200万円まで、年利8.6%の条件でキャッシングできることになりました。

当時150万円ほど必要でしたので、早速コンビニのATMでキャッシングをし、無事にリフォーム費用を支払いすることができました。
その後定年退職をした父から退職金の一部をもらい、その150万年はすぐに返済しました。
しかしなかなか貯金が貯まらず、今でも急な出費があるとバンクイックを利用しています。
コンビニのATMでキャッシングできますし、月々2万円ほどの返済ですので無理なく返済でき、とても便利です。

飲み過ぎて金欠状態になってしまいアコムを利用

酔っぱらいの男性職場で上司に理不尽な事で怒られてしまってすごく嫌な思いをしてしまいました。
しかも女性社員の目の前で怒られてすごく恥をかかされた悔しさも重なり、仕事が終わってから自宅最寄りの駅前の飲み屋に行ってしまいました。

最初は1件だけで帰る予定でしたが、お酒が進んで次々ハシゴしてしまってお金を使い過ぎてしまいました。
生活費が足りなくなって困ってしまいましたが給料日までも10日以上あり、さすが節約だけでは乗り切れそうになく、キャッシングを利用する事にしました。
お金をすぐ借りる事が出来るのは消費者金融なので、その中でも評判のいいアコムに申し込む事にしました。
アコムと言えば無人契約機のむじんくんが有名ですが、むじんくんの中に入るのはさすがに抵抗がありました。
ホームページからも申し込む事が出来るというのでスマートフォンで申し込む事にしました。

まずアコムにホームページの申込画面で個人情報や勤務先情報など必要項目を入力して申し込み、その後に審査が行われたり本人確認書類を提出したりしました。
本人確認書類はアコムのスマートフォン公式アプリにアップロード機能が付いているので本人確認書類を撮影して提出しました。
無事契約する事が出来たので、借り入れはホームページの会員ページで融資依頼の手続きをして、指定した口座に振り込んでもらいました。

むじんくんで申し込むと同様に即日融資にも対応してもらえて、とりあえず5万円必要でしたので指定の口座に振り込んでもらいました。
申し込みから借り入れまでインターネットで手続きをしましたので返済も当然インターネットで手続きをしました。
返済もホームページからインターネット決済を利用して支払っていきました。
月々5000円の支払いで1年で完済する事が出来ました。

アコムから借りた5万円は生活費や食費に充てて何とか給料日まで凌ぐ事が出来ました。
そのためアコムを利用して本当に良かったと思いますし助けられました。
しかし消費者金融というものは頻繁に利用してしまうと金利が高く設定されているので借金が増えてしまう原因にもなりかねません。
そのため頻繁に利用するのではなくて本当にお金に困った時だけに利用するといいと思いました。