カードローン」カテゴリーアーカイブ

カードローンは金利が低くても要注意!

たくさんの小銭カードローンを契約する際、銀行および消費者金融に関わらず、契約前に事前シュミレーションが重要になります。
現在では、リボルビングスライド方式による毎月の返済が一般的になり、銀行カードローンの中には『最低返済額2000円』という商材も多くなっています。
しかし一括返済が可能な10万円という借入額ですが、いつでも返せると考えた結果、返済が苦しくなったり、返済を遅延させたりというリスクが生じてしまいます。
また、毎月最低限の返済ばかり行った場合、総返済額が当初借り入れした10万円の1.5倍になってしまいます。

例えば、銀行カードローンで金利14.8%で借り入れた場合はどうかというと、返済期間は79ヶ月と長期化し、総返済額は約15万6千円となります。
一方、消費者金融で金利18%で借り入れし、返済期間を79ヶ月とすると総返済額は約17万1千円となります。
結果として、少額返済を繰り返すことで本来直ぐに返済すれば発生することのない、無駄な利息で苦しむ結果となります。

もし、銀行および消費者金融で1年すなわち12ヶ月で完済する計画の場合なら総返済額は、銀行で約10万8千円となり消費者金融で約11万円という結果になります。
早期返済と繰り上げ返済を行うことで無駄な利息をどんどん抑制することが可能です。
また、1年以下の返済期間であれば銀行と消費者金融の金利差があったとしても利息による影響を少なくすることが出来ます。

クレジットカード利用のおまとめ

電卓とお金クレジットカードを利用して、リボ払いを多様しているとどんどん毎月の返済が苦しくなっていきました。
残額もなかなか減らないし苦しい生活をしていました。
もちろん自分が1番悪いのですが、なんとかできないものかと悩んでいた時に、カードローンを利用したおまとめローンについてのネット記事を見ました。
そこで利用や返済がコンビニで簡単に出来る三菱東京UFJ銀行のカードローンを知りました。

金利もクレジットカードよりも低いので、総支払額が減ることがわかりました。
また、まとめることができるので、毎月の返済額も少なくなります。
額は大きかったので少し悩みましたが、今後のことを考えて、思い切ってカードローンを利用することにしました。

今ではだいぶ毎月の支払いも楽になり、カードローンを利用して良かったと思っています。
三菱東京UFJ銀行はコンビニATMで手数料無料で利用ができるのでその点もかなり評価が高いです。
最近では、この銀行系カードローンがメディアでも問題視されています。
今後どのようになっていくのか注目していますが、もしも身近に借金で悩んでいる人がいたら、このカードローンをオススメしたいと思っています。

友情が壊れる原因はやっぱり金なのでしょうか!?

悪そうな人たち私は過去に1度だけキャッシングを利用したことがあります。
キャッシングを利用した理由は、中学からの友人に金を貸してくれと頼まれたからでした。
昔から仲が良く、社会人になっても定期的に飲みに行ったりしていた仲なのですが、金の貸し借りはありませんでした。

そんな友人の頼みを無下にできず、話を聞いてみると、交通事故をしてしまい、事故をした相手がヤ○ザで、結構な額を要求されて困っているとのことでした。
警察に相談してはどうか等アドバイスをしてみたのですが、報復が怖いと聞き入れず。
素直に要求額を出すために、私だけでなく他の友人にも頼んでいるとのこと。

付き合いが長かった為、少しでも友人を助けてあげようと思い、ア○ムの店舗に初めて行きました。
そこで必要事項を書き、身分証の提示をして借りれる限度額が10万円までとのことだったので、10万円借り、そっくりそのまま友人に渡しました。
友人は深々と頭を下げて礼をいってくれました。

少しずつでも返すとのことだったのですが、その後音沙汰なし。
定期的に飲みに行ってたのですが、何ヵ月たっても何の連絡もなし。
心配していたのですが、3年後、コンビニでバッタリ会いました。
相手は私をみて一瞬ハッとした表情をしたのですが、その後は、お金のことも話題にださず、また機会があったら飲みに行こうみたいなことを言っていました。

ヤ○ザとまたトラブルがあったのかと今まで心配していたのに、そんな態度だったし、友人からお金を借りて平気な神経が理解出来ず、もうこいつとは縁を切ろうと思いました。

みずほ銀行カードローンを利用してみて

ATMに入れるお札カードローンを利用して助かりました。
勉強のために海外へ2週間行く機会が出来て、その渡航費用が必要になりました。
みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っていれば、返済が口座で出来るというメリットもあり、みずほ銀行口座を持っていた私はすぐに利用申し込みをしました。
審査結果は当日中に分かりました。
他社の借り入れがありましたが、問題なく通過できました。
カードローンカードとキャッシュカードが一体型になっているとても便利なカードです。

30万円で申し込みして、完済するまで2年かかりましたが、月々の返済は最低1万円で良かったので返済も苦になりませんでした。
通常は月に1万円ずつ返済していき、ボーナスや少し給料が多かった時には返済額を増やしました。
申し込み時のスタッフの対応も良かったですし、安心して登録を進められました。

そして一番の特徴は返済の仕方です。
みずほ銀行口座から毎月決まった日(何日か候補があり指定できます)に月々の引き落としが出来ることです。
入金さえしておけば忘れずに自動で返済してくれます。
余裕のあった月はカードローンカードから返済をしていき、順調に完済することが出来ました。

10万円を甘くみないようにしましょう。

10万円分のお札カードローンは金利のお得な銀行系の参入もある為、10万円を借りるのも比較的簡単です。
10万円ですと、返済金額も最低毎月3000~5000円の返済で済む事が多いです。
ですがまず最初に、本当に10万円が必要なのかどうかを今一度考えましょう。
目的を大事に持つ事が必要です。

延滞に関して特に注意しなくてはならない事は、毎月最低返済金額が比較的低い為、大丈夫だと思ってしまう事です。
最低返済金額だけ毎月返済していても、元金は半分以下の返済となるので、中々減ってはくれません。
さらにまた次回返済まで利息が増えてくるので、それを繰り返していくと、かなりの年月になってしまいます。

まず自覚も持ち、最初に自分が今月はいくら返済できるのか、という事をやって下さい。
そして少しでも多めに返済出来るような状況の時には、必ず増額返済、もしくは返済日前の任意的な返済を活用する。
そうしていくなかで、10万円の減り具合が分かってくると思いますので、そこからいかに詰めていく事が出来るかどうかにかかっています。

仮に返済が遅れそうになってしまった場合にも、絶対に他社から借りてしまわないこと。
繰り返して借りていくと再び毎月返済が増えるだけで余計に苦しくなります。
どうしてもダメな時早めに、電話をして相談する事も必要です。

緊急時の金策として利用するのが一番

家とお札訳あって急な引っ越しをする必要が出てしまい、引っ越し業者に支払うお金が足りなくなりました。
当時は貯金がなく、また両親や友人から金銭を借りるのも気が引けたため、急きょアコムのキャッシングの利用を決めました。
アコムにした理由は返済期間が30日以内であれば無金利での返済が可能だったからです。

万が一キャッシングしているところを知り合いに見られたら恥ずかしいので、当時は片道1時間かけて無人借入機がある店舗を利用しました。
そこで審査を受けましたが、予想したよりも審査内容が簡単だったので良かったです(借入れ金額とその理由・定職についているか・働いている会社の事業内容等)。

借入れにかかったのは審査待ちを含めて約1時間。
それが終われば即日でアコムのATMからお金を引き出せました。
借入れ時に気を付けたのは、必要以上にお金を使わないこと。
当時は収入が低かったので、引っ越しに関わる費用以外は調子に乗って使用しないよう注意していました。

その甲斐あってか借りたうちの1万円は使用することなく、次月の給料が振り込まれてすぐに全額返済することができました。
借りたお金を使いすぎない自信がある人は、いざという時にキャッシングを利用するのもアリだと思います。

雑誌広告の消費者金融が闇金業者だった

頭を抱えて悩む男性ギャンブル依存症でお金が足りなくなった私はパチンコ雑誌に載っていた金融会社に電話をしました。
手っ取り早く相談に乗ってくれると勘違いした私はいそいそと下町にあるさびれたビルに向かいました。
そこにいたのは怖い顔をしたおじさんとお兄さん達でした。
見るからにヤクザ風の出で立ちに私はビビりました。

綺麗とは言い難い書類に必要事項を書くように言われ、軽い面談となりました。
そこで結局審査は通らず、私は訳のわからない買い物をカードでさせられました。
その時はJRの回数券でした。
それをその場で現金化するといった形でお金をゲットするに至りましたが、そこで手数料等をかなり引かれましたので、実質手に入れた金額は半分程度でした。
私はなるべくそこの会社と縁を切りたかったのですぐに返済をしました。

しかしギャンブルでまたお金をなくした私は再び別の金融会社に電話をしました。
そこでも審査に通らず、結局また買い物をさせられたのです。
今度はパソコンでした。
買ってすぐに売る為、その商品を金融会社に送りました。そこでもカードローンばかりが残り、実質手に入れた現金はごくわずかだったのです。
もうこんな怖い経験はしたくないと思い、安易に闇金まがいの小さな金融会社に電話をするのはやめようと思いました。

カードローン、キャッシングで延滞しないために

借金で困る男性カードローン、キャッシングで延滞せずに完済するために事前に考えておくべきことは色々あります。
まず一つ目に返済計画を考え決めておく事が大事だと考えます。
銀行などのローンであれば何月何日にいくら返済といった返済スケジュールのようなものが送られてきますが、カードローンやキャッシングはリボルビング返済方式が多いため、自分で返済スケジュールを立てないと後で大変な事態に陥ります。
なかなか、借金が減らずに長期間支払いが続くようになります。

二つ目には返済計画を立てた金額分は、必ずお金を確保する仕組みを作る事だと思います。
毎月、返済するお金は当然消えていくお金なので給料から差し引いた金額で生活しなければなりません。
それでも、少しくらいはまた借入してもという考えも陥りがちですが、それではずるずる返済期間が増えていくだけです。
給料が支給されてからすぐに返済し、残りの金額で生活する計画を立てる等の仕組みを考える事が大事です。

後は、自分の中で返済日を決める等や次月の予定を前もって計画しておく等を事前に検討し、実施する事が大事だと考えます。
そうする事で自制心を働かせるようにしないと自分のお金と借金とが混同し段々、金銭感覚が麻痺して考えられない状態になり返済が滞るようになると思います。

家を購入・リフォームした際のキャッシング体験

一戸建ての家31歳・会社員・男性です。私は3年ほど前に中古住宅を買ってリフォームをしましたが、その際にお金に困ってお金を借りました。
当時我が家の貯金は100万円ほどでした。
会社の社宅に住んでいましたが、どうしても一戸建てが欲しいと思い、お手頃価格の中古住宅を買うことにし、現在の我が家と出会いました。

築35年の年季の入った家で、家族で住むには台所・風呂場・屋根等のリフォームが必要な状況でしたので、近所の銀行で住宅+リフォームのローンを組みました。
ローンを組んだ際にリフォームの価格がはっきりしない部分が多く、やってみないと分からないとのことで、少し余裕を持った金額でローンを申請しました。
しかし実際にリフォームがスタートすると、古い家で補修が必要な個所が思ったより多く、また妻の要望で直してほしい部分が増えてリフォーム費用が膨らみ、ついにはローンで賄えない金額となってしまいました。

さらに新生活のスタートということで家財道具を新しくし、車も軽自動車を1台購入し、家計は大赤字でリフォーム費用が150万円ほど支払いできない状況となりました。
夫婦でどうすべきか話合い、銀行のローンを増額してもらうことにしようとなりましたが、一度ローンを申請した後ですでに遅く、キャッシングをすることにしました。
インターネットで金利がそれほど高くなく、安心して借金できそうな金融機関を探したところ、たまたま銀行口座を持っていた三菱東京UFJ銀行のバンクイックというキャッシング方法があることが分かり、申し込んでみることにしました。

審査に時間がかからず、すぐに借りられそうでしたので、まずは電話をして申し込みをしました。電話口で生年月日、職業、勤め先、当時の年収などを聞かれ、その後実際に最寄りの三菱東京UFJ銀行へ行き、テレビ電話窓口で申し込みをしました。
私は幸い、比較的規模の大きな会社に勤めていることもあり、審査は2日で終わり、上限金額200万円まで、年利8.6%の条件でキャッシングできることになりました。

当時150万円ほど必要でしたので、早速コンビニのATMでキャッシングをし、無事にリフォーム費用を支払いすることができました。
その後定年退職をした父から退職金の一部をもらい、その150万年はすぐに返済しました。
しかしなかなか貯金が貯まらず、今でも急な出費があるとバンクイックを利用しています。
コンビニのATMでキャッシングできますし、月々2万円ほどの返済ですので無理なく返済でき、とても便利です。

飲み過ぎて金欠状態になってしまいアコムを利用

酔っぱらいの男性職場で上司に理不尽な事で怒られてしまってすごく嫌な思いをしてしまいました。
しかも女性社員の目の前で怒られてすごく恥をかかされた悔しさも重なり、仕事が終わってから自宅最寄りの駅前の飲み屋に行ってしまいました。

最初は1件だけで帰る予定でしたが、お酒が進んで次々ハシゴしてしまってお金を使い過ぎてしまいました。
生活費が足りなくなって困ってしまいましたが給料日までも10日以上あり、さすが節約だけでは乗り切れそうになく、キャッシングを利用する事にしました。
お金をすぐ借りる事が出来るのは消費者金融なので、その中でも評判のいいアコムに申し込む事にしました。
アコムと言えば無人契約機のむじんくんが有名ですが、むじんくんの中に入るのはさすがに抵抗がありました。
ホームページからも申し込む事が出来るというのでスマートフォンで申し込む事にしました。

まずアコムにホームページの申込画面で個人情報や勤務先情報など必要項目を入力して申し込み、その後に審査が行われたり本人確認書類を提出したりしました。
本人確認書類はアコムのスマートフォン公式アプリにアップロード機能が付いているので本人確認書類を撮影して提出しました。
無事契約する事が出来たので、借り入れはホームページの会員ページで融資依頼の手続きをして、指定した口座に振り込んでもらいました。

むじんくんで申し込むと同様に即日融資にも対応してもらえて、とりあえず5万円必要でしたので指定の口座に振り込んでもらいました。
申し込みから借り入れまでインターネットで手続きをしましたので返済も当然インターネットで手続きをしました。
返済もホームページからインターネット決済を利用して支払っていきました。
月々5000円の支払いで1年で完済する事が出来ました。

アコムから借りた5万円は生活費や食費に充てて何とか給料日まで凌ぐ事が出来ました。
そのためアコムを利用して本当に良かったと思いますし助けられました。
しかし消費者金融というものは頻繁に利用してしまうと金利が高く設定されているので借金が増えてしまう原因にもなりかねません。
そのため頻繁に利用するのではなくて本当にお金に困った時だけに利用するといいと思いました。