職を失ったことを隠してギャンブルで生活費を渡す

ギャンブルで負けた男性キャッシングやカードローンは、あくまでも借金ですが、本当に困っているときに助かった、との声も多い便利なサービスです。
キャッシングの悪い使い方と良い使い方の両方がよく見える体験談のご紹介です。
夫と妻のそれぞれの利用の仕方が、対照的です。

妻名義のカードで生活用品やガソリンを支払っている最中、突然夫が無職になりました。
無職になったというか、半年以上も前から職を失っていたのにそれを言えずにギャンブルでお金を増やし、給料として渡されていました。
半年以上も気がつかなかったというのも、ある意味すごいですが、知った時の妻は本当にショックでした。

夫には元々借金があり、1社から30万借りていました。
無職が発覚した際に、今言えば許すから、と言うと他の借金も自白。
結果、1社につき30万を3社で合計90万円、全て消費者金融からの借金でした。

夫は返済を怠った時期があったようで、ローンが組めずクレジットカードも作れませんでした。
ケータイですら、一括でないと買い替えられませんでした。
生活費に使っていたカードが妻名義だった理由もそこからでしたが、まさかそんなにあるとは思わず。

当時子供が小さくパートで勤めていた為、お給料も扶養の範囲内で留めていました。
そんな妻の給料だけでは生活を支えられるはずもなく、カードの支払いも出来なくなりました。
借金以外にも問題のある夫だった為、無職を隠してギャンブルをしていた事、就活もせずギャンブルをし、あたかも働いているかのように振舞って家族を蔑ろにし続けていた事を理由に離婚。

クレジットカードの限度額を一番低い20万にしてはいたものの、次に入ってくるのはパートの8万円程度。
名義は妻の為離婚したら妻本人だけで払って生活もしなければならない。
ですが、親や友人にはカードが払えないからお金を貸して欲しいなんて言えず、この時に初めての消費者金融を利用しました。

限度額50万借りられる事になり、まずは20万借りて離婚後の生活準備に充てました。
クレジットカードは分割払いに変更し、離婚後少しずつ支払いをしました。
離婚後、元夫となった人から養育費と共にクレジットカードの支払い分の半額を分割して振り込んで貰って支払いに充てました。元夫の借金癖は学生の頃からで、ギャンブルをする為の資金に充てていたと思います。
週に2~3度はギャンブルをしていたと後になって知人から聞きました。

返せる目処が立つまでは不安で仕方がありませんでしたが、無事完済できてホッとしています。
贅沢を言わず無理のない最低限の額に留めておいて本当に良かったです。
これからは貯蓄をしながら堅実に生きていこうと思います。