家を購入・リフォームした際のキャッシング体験

一戸建ての家31歳・会社員・男性です。私は3年ほど前に中古住宅を買ってリフォームをしましたが、その際にお金に困ってお金を借りました。
当時我が家の貯金は100万円ほどでした。
会社の社宅に住んでいましたが、どうしても一戸建てが欲しいと思い、お手頃価格の中古住宅を買うことにし、現在の我が家と出会いました。

築35年の年季の入った家で、家族で住むには台所・風呂場・屋根等のリフォームが必要な状況でしたので、近所の銀行で住宅+リフォームのローンを組みました。
ローンを組んだ際にリフォームの価格がはっきりしない部分が多く、やってみないと分からないとのことで、少し余裕を持った金額でローンを申請しました。
しかし実際にリフォームがスタートすると、古い家で補修が必要な個所が思ったより多く、また妻の要望で直してほしい部分が増えてリフォーム費用が膨らみ、ついにはローンで賄えない金額となってしまいました。

さらに新生活のスタートということで家財道具を新しくし、車も軽自動車を1台購入し、家計は大赤字でリフォーム費用が150万円ほど支払いできない状況となりました。
夫婦でどうすべきか話合い、銀行のローンを増額してもらうことにしようとなりましたが、一度ローンを申請した後ですでに遅く、キャッシングをすることにしました。
インターネットで金利がそれほど高くなく、安心して借金できそうな金融機関を探したところ、たまたま銀行口座を持っていた三菱東京UFJ銀行のバンクイックというキャッシング方法があることが分かり、申し込んでみることにしました。

審査に時間がかからず、すぐに借りられそうでしたので、まずは電話をして申し込みをしました。電話口で生年月日、職業、勤め先、当時の年収などを聞かれ、その後実際に最寄りの三菱東京UFJ銀行へ行き、テレビ電話窓口で申し込みをしました。
私は幸い、比較的規模の大きな会社に勤めていることもあり、審査は2日で終わり、上限金額200万円まで、年利8.6%の条件でキャッシングできることになりました。

当時150万円ほど必要でしたので、早速コンビニのATMでキャッシングをし、無事にリフォーム費用を支払いすることができました。
その後定年退職をした父から退職金の一部をもらい、その150万年はすぐに返済しました。
しかしなかなか貯金が貯まらず、今でも急な出費があるとバンクイックを利用しています。
コンビニのATMでキャッシングできますし、月々2万円ほどの返済ですので無理なく返済でき、とても便利です。