キャッシングは何より計画性が大事である

ギャンブルで使うコイン私は金欠のため、ある消費者金融から始めに30万円を融資してもらいました。
理由は遊ぶためのお金の欲しさが始まりでした。
始まりはバイト代もそこそこ入るだろうという予測のものでしたので始めに30万円の中から5万円ほどキャッシングをしました。
飲み代に使い、生活費に使い、買い物にも使いいましたが、初めの1ヶ月はそれでもうまくいきました。
その時点でキャッシングをアテにして、多少使いすぎても問題はないだろうと思ってしまったのが事の発端でした。

次第にキャッシング上限枠の30万円が自分の預金残高であるように錯覚してしまったのです。
そうなってからはもう、火の車でした。
生活費や多少の飲み代程度ならまだしも、私はそのお金を種銭にしてあろうことかギャンブルをしてしてしまったのです。
次第に上限枠の30万円もすっかり使い込みさらには上限枠のアップまでお願いしてしまい、30万だった上限枠も50万、80万とみるみるうちに増えていきました。

もちろん、上限枠一杯使い込んでしまったので、残ったものは80万円の借金と返済しかすることのできないカードのみ。
そこからの生活は毎月の返済に奔走し、時には期日までに返済ができず、鳴り続ける電話に震える日もありました。
なんとか今では全て返済し身辺を整理することができましたが、あのまま続いていたらと考えると恐ろしくてたまりません。

キャッシングによる融資を受ける際に気をつけるべきことは、まず必要以上に借りないこと。
そして何より自分の預金残高と勘違いしないこと。
あくまで借金であるということに注意して利用しないと私のように痛い目を見てしまうと思います。