カードローンを利用する時の金融機関選定

説明する女性何かの理由でカードローンを利用する際、ご自身の利用目的にあった金融機関を選ぶことが重要です。
今回は、実際にカードローンを利用する際にチェックするとよいポイントをお伝えします。

●バンク系orノンバンク系
まず、カードローンは運営する金融機関によってバンク系とノンバンク系に別れます。
バンク系は銀行、労金、信金が運営しているものです。
ノンバンク系は信販や消費者金融など、バンク系以外が運営しているものになります。
おすすめは、バンク系です。
ノンバンク系に比べて金利や借入可能額がノンバンク系に比べて高いことにあります。(総量規制対象外のため)
しかし、ノンバンク系に比べ審査が厳しいとも言われているため、あまり審査に自信の無い方はノンバンク系を利用するのもひとつの選択肢として考えましょう。

●金利は最大金利で比較
カードローンの金利は設定される限度額によって異なります。
設定額が高ければ適応金利は低くなり、逆に設定額が低い場合は金利が高くなります。
カードローンを利用する場合、ほとんどの方が一時的な資金調達目的として使われます。
そのため、設定額は低くなることでしょう。
そのため、必然的に金利は最大金利に近いところで設定されます。
よって、金利は最大金利を中心に比較検討しましょう。

●利便性
利便性には2種類あります。
ひとつめは初回の手続きの容易さです。
カードローンの即日利用は無人契約機若しくはインターネットや電話によるキャッシュイン(指定口座に直接振り込まれるサービス)が主流です。
利用をお急ぎの方はこの辺りもチェックしましょう。

ふたつめは、利用中の利便性で特に返済のしやすさです。
カードローンは約定返済日に約定返済額(毎月決まった金額)を指定口座から引き落としか振り込みを直接するいずれかで返済します。
しかし、金利は比較的高いので返せるのであれば繰り上げ返済をしたいと考えるのが一般的です。
しかし、この繰上返済ができなかったり、手数料がかかる場合などがあるのでこの辺りはチェックしましょう。最近では、ATMから自由に返済できるところが多いので念のため、確認しましょう。

このように、カードローンを利用する際は最低限これらを押さえましょう。