嫁が勝手に作った俺名義のカードローン

負債の荷物を抱える男性自分はあまりキャッシングやカードローンを利用するのが好きじゃないので避けてきたのですが、自分が知らない間に自分名義で嫁にカードローンを組まれて、借金返済に追われたことがあります。
嫁は昔から買い物が好きで、その時も店員さんに勧められて調子に乗って購入していました。
それが結婚してからも治らず、注意をしてもなかなか改善されませんでした。

結婚をして最初のうちは嫁が家計を持っていたのですが、自分の給料はそんなに高くないのに買い物や外食が半端なく多く、すべてクレジットカードで払っていました。
翌月に請求がきた時には支払えず、電気代やガス代をクレジットカードの支払いにまわして、電気やガスを滞納するというのを繰り返しするので、これでは生活できないと思い、自分が家計を持つようになりました。

最初家計を見た時、ビックリしました。
クレジットカードの返済だけで給料の3分の1はぶっ飛んでいました。
これでは生活がままならないので、クレジットカードを解約させて使わせないようにしたのですが、次に嫁がしてきたのは、名義を俺にしてカードローンを組んできたのです。
今はインターネットで申し込みができるので、自分が知らない間に配偶者なら必要書類も揃えられるのでローンを組めてしまいます。

それがわかったのは、家を購入する時でした。
嫁が作ったクレジットカードの返済も終わらして、真っ白の状態のはずなのに住宅ローンが組めないのです。
なぜ組めないのか理由を聞くと、カードローンの残高があるのでということでした。
最初は誰かと間違えているのではないかと思いましたが、ピンときました。

家に帰って嫁を問い詰めると白状しました。
今は家の購入を諦め、カードローンの返済に毎月追われています。